概要 JBICについて

設立経緯

  • バイオ産業情報化コンソーシアム( JBIC )は、1998(平成10)年に活動を開始し、ミレニアム・プロジェクト[1999年(平成11年)12月19日内閣総理大臣決定]及び科学技術基本計画等において重要なプロジェクトとして位置づけられたバイオテクノロジー、バイオインフォマティクス研究を産学官連携で推進することを目的として、2000(平成12)年7月に社団法人として発足しました(文部科学省、厚生労働省、農林水産省及び経済産業省の4省共管)。
  • JBICの発足は、米国クリントン大統領(当時)等によるヒトゲノムのドラフト配列解読発表のわずか一週間余り後であり、まさにバイオテクノロジー、バイオインフォマティクス研究の重要性が謳われた時期でした。
  • JBICは、タンパク質の構造解析・機能解析及びデーターベース関連プロジェクトを中心としつつ、機能性RNA、TR(トランスレーショナル・リサーチ)及びiPS細胞関連等の国家プロジェクトを産官学連携の下に実施してきました。
  • 2011(平成23)年4月1日、一般社団法人に移行しました。

役割

  • DNA、RNA、タンパク質等に関する基盤的技術の研究開発を産学官連携の下に行い、その成果をひろく製薬、ITをはじめとする産業界、アカデミア等へ普及することとしています。
  • ライフサイエンス分野の国内外の研究動向及び健康・医療分野における政府の成長戦略を踏まえ、バイオテクノロジー及びバイオインフォマティクスの高度利用によりライフサイエンス研究におけるブレークスルーを目指します。
  • 我が国の創薬基盤の強化と創薬研究の効率化を支援するため、会員企業のニーズを踏まえ、国内外の最新の技術動向、及び新たな産学官連携の取り組みやプロジェクトの実現に向けての調査、企画活動を行っています。

研究体制

  • JBICでは、製薬、IT、化学、食品、診断等の会員企業と、東京大学、大阪大学、名古屋大学、福島県立医科大学をはじめとする全国の国公私立大学及び産業技術総合研究所、理化学研究所等の公的研究機関が集結した産学官連携の研究体制を構築し、研究開発を推進しています。

会社概要

名 称 一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)
所在地
  • 事務局
    〒135-8073 東京都江東区青海2-4-32 TIME24ビル10階
  • 福島事務所
    〒960-8031 福島県福島市栄町9-18 エスケー栄町ビル4-1
設 立 1998年11月 任意団体JBIC設立
2000年07月 社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム設立
2011年04月 一般社団法人に移行
目 的 JBICは、ライフサイエンス分野に関する基盤技術の研究開発を産学官連携の下に行い、その成果を製薬、ITをはじめとする産業界、アカデミア等へ普及することを目的としています。
会 員 ライフサイエンス分野に関心がある製薬、IT、化学、食品等の幅広い分野の企業を会員とする。